読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おひさしぶ~~り~~ね~~、あなたに会うなんて~~

 というわけで、もう一つのブログは毎日

更新しているのですが、こちらのほうは

一年以上の御無沙汰でしたが、久しぶりに、

メイクミラクルなのか?それとも違うの

か?というのをまたまた調べてみましょう。

 

 北の湖さん、惜しくもお亡くなりになって

しまいました。

            

 ニュースでは、北の湖さんのお姉さんが

出てきて、「いたましいね」と言っていたの

ですが、アナウンサーは、標準語の、

「悲惨だ、痛々しい、かわいそうだ」と

言う意味に取っていましたが、東北生ま

れの田舎者の王花陣は、そのような意味

には取りませんでした。

 

 私の地方では言葉がなまって、「いだまし

ない」というのですが、この意味は、痛々

しいとかの意味ではなくて、もったいない

とかの意味で使っています。

 

 すなわち、北の湖さんのお姉さんは、

「まだまだ若いのに、もったいないね、

残念だ」という意味でこの言葉を使った

のでは?と思ったわけです。

 

 北の湖さんは北海道の出身でしたので、

北海道の方言を調べると、やはり、「もっ

たいない」という意味のほうが強いようで、

「まだまだ若くていろいろやることがあった

ろうに、もったいないことをした」と言う

意味で、お姉さんは、使ったんでしょう。

 

 ということで、今回も、北の湖理事長を

偲んで、今でも土俵上ではミラクルが起き

ているのかを調べてみることに致しましょう。

 

 調べ方は以前と同じく、14日目の取組み

と千秋楽の取り組みで、奇跡が起きている

のかを調べてみましょう。

 

 まずは、13日目の結果で6勝7敗か7勝

6敗の力士が14日目の取り組みでどうなった

のかを調べると以下のようになりました。

(7勝6敗同士、6勝7敗同士、はたまた

7勝6敗と6勝7敗同士の対戦は、どちらも

気合が入っていますので、これは除いて

います)

 

f:id:oukajinsugawa:20151122195753j:plain

 

 オレンジの色が付いた力士が14日目に

勝った力士となり、すなわち、7勝6敗の

力士は、勝つと、勝ち越すことができるように

なるわけです。

 

 一番上の3勝3敗というのは幕下力士

となりますが、お互い気合は入ったと思わ

れますが、番付の違いが物を言ったので

しょう。

 

 ほとんどは7勝6敗か6勝7敗力士が

気合が入っており、ほとんど勝っていますが、

翔丸十両の正代は十両で11勝2敗と

優勝争いをしていましたので、負けるわけに

いかなかったのでしょう。

 

 もう一人勢(いきおい)さんも、三賞がかか

っていましたので、負けるわけにはいかな

かったのでしょう。(最終的に三賞を受賞して

います)

 

 ということで、今場所も奇跡が起きそうで、

千秋楽の結果も、わくわくして見ることができ

そうです。

 

 それでは、以下が千秋楽の結果です。

(漢字が、当て字の物があります)

 

f:id:oukajinsugawa:20151122195855j:plain

 

 こちらのほうは、14日目の結果が7勝

7敗の力士を取り上げており、オレンジ

色のついた力士が勝った力士で、結果

的に勝ち越しとなったわけです。

 

 やっぱり千秋楽には豊響さんを除いて、

皆さん、気合が入ったようで、松鳳山

さんなど12勝2敗と絶好調でしたが、

7勝7敗は気合の入り方が違いますので、

松鳳山さん、残念ながら負けてしまい

ました。

 

 ということで、今場所も、お相撲さん

協会が言うように、7勝7敗だと、断然、

気合の入り方が違うようです。

 

 ちなみに、千秋楽の本割で、日馬富士

負けたときには、優勝決定戦になったら

白鵬有利か?と思ったのですが、日馬富士

さん、しばらくぶりの優勝で、良かった

ですね。

(ちなみに、私は、結果を淡々と載せて

いるだけですので、念のため)